クレカ ユーロのお札 たくさんのお金

税金の話

ダイアモンド

バイナリーオプションは取引それ自体にもそれなりの注意を払う必要がありますが、税金についても気をつける必要があります。

バイナリーオプションによる利益額(稼いだ金額から、投資のために使用した諸費用を差し引いた額)が年間で20万円を超えた時、我々には所得税を納める義務が発生します。
20万円未満であれば税金はなしですが、バイナリーオプションによる利益は「雑所得」へ分類されるので、超えた場合は義務が発生するわけです。
無視してしまうと追尾課税が発生し、余計な金額を払うことになるので、必ず申告しておきましょう。

途中精算

散らばるドル札

前のページで、負けなら必ず全額を持っていかれると書きましたが、バイナリーオプションでもそれを回避する方法があります。
それが途中精算です。

このシステムを使えば、取引の途中であっても下りることができ、その時点での評価を受けることができます。
たとえば、レートが予想した方向とは逆を行っていってどうも戻ってきそうにない場合、途中精算すると、ある程度の金額は返ってきます。
たとえば、現時点では予想通りの方向で推移しているが、動きが不安定で今後逆へ行くかもしれないという場合、途中精算すると、その時点での少ない勝ち額を得ることができます。

ただこのシステムは、業者によって備えていたり備えていなかったりするので、どのバイナリーオプションを利用しても使えるわけではないことは留意しておきましょう。
このシステムのあるバイナリーオプションで投資を行うなら、積極的に利用していくといいでしょう。

リスク管理について

クレジットカードを出す

気をつけて利用しないとドツボにハマってしまうギャンブル性がある、と前のページで書きましたが、しかしバイナリーオプションそれ自体についてはリスク管理がしやすいと言っていいでしょう。

それは、勝った時の利益額と負けた時の損失額が最初から決定しているからです。
売る時期を見極めないといけない株やFXと違い、バイナリーオプションでは一定時間後に自動決済ですので、すぐに結果が分かる上、勝った時の配当率も決まっていますし、負けた時は投資した金額がそのまま持っていかれるだけです。
そのため、どの時間にどの金額が消えうるのかというのが最初から分かっており、つまり、リスクがどれくらいあるのかというのが分かっています。
レートが落ちそうだったらさっさと売って損失を最小限に抑えることのできる株などとは違い、負けたら即全額というところは少しシビアですが、金額が分かっていると投資の予定がとても立てやすくなります。
その辺の管理をしっかりしておけば、ドツボにハマることもなく、冷静に投資することができるでしょう。

気をつけること

散らばるコイン

バイナリーオプションは仕組みがとても簡単な投資ですが、気をつけなければならない点があります。
それは、ギャンブル性が高いという点です。

バイナリーオプションは必ず短期決済で、最短のものでは60秒なんてものもあります(これは日本の業者では取り扱っていませんので、海外の業者のみです)。そして自分でその時間を指定するので、取引終了時刻が決まっています。
そのため、次、また次、といったように熱くなってしまう可能性があります。
負けた分を取り返そうと躍起になると、ギャンブルにおいてドツボにハマってしまうのと同じパターンになります。
ハイ・アンド・ローの説明において、ギャンブルゲームに使われていると書きましたが、ハイ・アンド・ローと仕組みが似ているバイナリーオプションもまた、ギャンブル性が高いというわけです。
あくまで趣味の範囲にとどめ、その日使う額は最初から決めておくのがいいでしょう。